上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
こないだのSCA2で、 岡本太郎 美術館のプロヂューサー、 H氏とお会いさせていただきました。 絵本をお買い上げいただいたうえに、 さらになんとH氏の本をいただいちゃったんです。
http://artbox.seesaa.net/article/3675886.html
年のせいか、万博というとどうしても頭に浮かんでしまうのが大阪万博と 岡本太郎 。そんな中、見つけてしまいました。これからの時期にぴったりと思われる岡本太郎作品。岡本太郎デザインのこいのぼりである(!)。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00031112094823.html
イヤ、そんな条件は 岡本太郎 個人的にはかなぐり捨ててたかもしれない。著書からうかがい知る彼の性質的・生き方的には。常に無条件・無目的で瞬間瞬間を爆発させながら、自分の歌をうたっている優しい感じだ
http://ymo.269g.net/article/596465.html
『こどもの樹』 に一度は目が留まり、 その“太陽の塔”に良く似た形相から、 岡本太郎さんを連想された方も少なくないことと思う。
http://liliale.seesaa.net/article/10548935.html
緑地内にある川崎市岡本太郎美術館前には岡本太郎デザインの鯉のぼりがはためいていた。鯉のぼりのデザインについては特に何も思ったことはなかったけど、正直どーでもいいものだし、センスがいいとか悪いとかの対象外のものだし
http://blog.goo.ne.jp/kawahara-83ld/e/28ea3e059a18027ce8a0380d2b650936
五十年に渡り秘書として岡本太郎の活動を支えた敏子さんが、 太郎のエピソードや、思い出を語った本。 この本の特徴は、太郎のことを語りながら、敏子さん自身についても語っている点だ。
http://comedy21.seesaa.net/article/2179680.html
太陽の塔。なぜかというと、、、 けっこう前に、ほぼ日刊イトイ新聞のサイト内にある「なんだ、これは!-岡本太郎は生きている-」の中で特集された「太陽の塔」内部公開。TAROがここにいる!で取り上げられたためである。
http://blog.drecom.jp/nobushiro/archive/36
小倉北区のリバーウォーク北九州5階、北九州市立美術館分館で岡本太郎展がはじまりました。近鉄バファローズの帽子を被ってきたら入場無料!
http://kantsu.blog14.fc2.com/blog-entry-508.html
東京に行ったついでに、川崎市の岡本太郎美術館に行った。 生田緑地の林の中の静かな美術館だった
http://artbox.seesaa.net/article/3675886.html
スポンサーサイト
岡本 太郎コメント(78)TOP↑

岡本 太郎

黒い太陽と赤いカニ

最新情報!

リンク

最新の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


.